これからもっと重要性が増すことになる福祉 Part1

現在日本が抱える社会問題と言えば日本の人口の約6割が60歳以上と言う少子高齢化いわゆるシルバージェネレーションと呼ばれる方々が多くなっているということです。その原因として今の経済状況により婚約する男女が晩婚化するという現象が起こっているそのため子供ができる適齢期を過ぎ子供が増えていかないという事になっているのです。さらにそのうえ子供ができたとしても保育園や幼稚園の数が増えていないから先のことを考えて子供を作らないということが原因になっています。それを解決するには今回のテーマである福祉で解決する糸口を見つけたいのです。そもそも世間で言われている福祉と呼ばれているものは何らかの事故などのより体に障害を持った人や体の自由が利かなくなったシルバー世代を支えるというのが福祉と言われていますが本来の福祉とはそういう人達を新しい生き方を支え励ましながら足りない部分をケアしながら共に生きていくことを福祉というのです。

文書管理

不妊治療 大阪 おすすめ

エステを開業するにあたって、必要なことは何ですか?

睡眠薬 副作用